銀行系カードローンの特徴とメリット

銀行系カードローンとは銀行が消費者金融業界に進出するために新たに設立した新しい子会社や、既存の消費者金融を買収したり資本提携をしたりして子会社化した消費者金融のことを言います。

銀行カードローンと混同している方も多いのですが、銀行カードローンはあくまでも銀行本体が行うローンサービスであるのに対して、銀行系の場合は銀行の子会社の消費者金融が行うローンサービスということになります。

これは総量規制などで大きな違いが出てくることがあるので注意が必要です。

銀行系のローンの場合は消費者金融による融資となるので総量規制が適用され、借入の上限は年収の3分の1までとなります。

一方、銀行本体のローンであれば総量規制は適用されません。

前述のとおり、銀行系のカードローンは消費者金融の行うサービスとなりますが、専業系の消費者金融よりも低金利で利用できるというメリットがあります。

というのも、銀行系の消費者金融は銀行の資金を融資に使えるので調達コストを低く抑えることができるからです。

一方、専業系の消費者金融は融資資金を銀行から借入れる必要があるので、どうしても銀行系に比べて調達コストが高くなってしまい、それを賄うために金利を若干高くしなければなりません。

ですから、低い金利でお金を借りたい場合には銀行系のカードローンが一般的に優位です。

銀行系のカードローンは利用限度額が大きいのも特徴です。

これも銀行の豊富な資金を利用できる利点です。

金利が低く利用限度額が大きいということでおまとめローンとして利用することができるのも銀行系カードローンのメリットになります。

複数の金融機関からかの借り入れを金利の低い銀行系カードローンに借り換えることで返済計画が立てやすくなります。

銀行系カードローン特集※専業主婦でも低金利でお金を借りれる

似ていながらも違うローン

日本で一般的に言われるところの学生ローンというのは、学生本人が自分が学生であることを示す学生証とともに免許証や保険証を提示し、お金を借りるローンです。

親が子供の教育のために借りるお金は教育ローンですし、大学と銀行が提携して行うローンは大学専用のローンとして区分けされています。

その考え方でいくと、学生ローンといえども消費者金融でお金を借りることと特別変わりはないと言えます。

ただし、借りられるのは学生に限られることから、融資金額は1000円からというごく少額に始まり、最高でも50万円までです。

もちろん融資を受けられるようにするためには審査があり、アルバイトであっても毎月定収があることが条件になっているところがほとんどです。

その点で言えば、学生ローンとであっても借りる以上は消費者金融と変わらないという覚悟で利用することが大事になってきます。

ただ、消費者金融でお金を借りるのと変わらないのであれば、学生のためのローンが存在する理由はどこにあるのかという疑問を持ってしまいますが、消費者金融では学生を断るところが多いことから、学生救済のために専門のローン会社ができているということが言えます。

審査の基準が両者の間でどのように違うのかはわかりませんが、少なくともアルバイトなどをしているということであれば、学生でもお金を貸しますよというところがあってもよいのではないかという考えが発端にあると言えるでしょう。

https://専業主婦カードローン特集.jp/

勉強をあきらめたくない学生のために

いつの時代も勉強をすることに熱い情熱を注ぐ学生というのは、未来を明るく感じさせてくれるものです。

けれども昨今は大学を出ることが当たり前という考え方になってきていますし、実際のところ、大学を出ないことには就活をすることもままならないという事態になっているのは紛れもない事実です。

そうなると、大学進学にお金がかかりますし、もしも田舎から都会の大学へ進学した場合、生活費その他の面でもさらにお金がかかります。

大学へ行く費用は親が工面してくれたとしても、勉強をしながらアルバイトをして生活費をやりくりしなければならない学生も多いと思われます。

時にはサークル活動や、勉強のために参加しなければならないオリエンテーリングなどがあり、そのために別途費用が必要ということもあるでしょう。

そんなときに大いに助けてくれる存在となるのが、学生を専門にお金を貸してくれる学生ローンです。

たくさんのローン会社がありますが、365日ATMからお金を引き出せるところがありますので、これなら急なモノイリにもすぐに対応できます。

学生を対象にしていることから、融資してくれる額は1000円からという少額に始まり、上限は50万円までという、借り過ぎないことに配慮した設定になっているところも、通常のキャッシングや消費者金融で借りるのとの違いです。

学生であることを常に念頭に置いておくことが大事ですから、お金を借りる必要ができたなら学生ローンにしておくのが正解です。